Language:

利用上の注意

データについて

有義波高・周期の補足表示について

マップ・グラフ・日表で表示している有義波高と有義波周期は、GPSブイによる観測点を除いては、海象計または超音波波高計によって海中超音波信号の送受波を計測し、波浪データ処理システムによって演算・処理された値です。 砕波などによって海面付近に気泡が混入すると、超音波信号にはノイズが混入し、観測波浪データの解析が出来ない場合があります。こうした場合には、従来は、ホームページ画面上では欠測表示としていました。 他方、海象計や超音波波高計には水圧変動測定センサーが併設されています。この水圧変動測定データを用いて、有義波高・周期を推定することは、理論的には可能です。しかし、推定にあたっては、観測点毎の観測機器の特性に応じた換算係数の設定が必要であるため、これまでは、超音波信号にノイズが混入した際は、事後の解析時に責任技術者がその都度換算係数の設定を確認しながら、水圧変動記録を用いたデータの補足を行なっていました。

しかし、超音波信号にノイズが混入するのは高波浪時に多い現象であり、高波浪時には、低波浪時よりもより一層、リアルタイム波浪情報を必要とされる場合が、多くなっています。このため、このたびの本ホームページのリニューアルを機に、リアルタイムで水圧変動から有義波高・周期を自動推定するシステムを開発し、超音波信号にノイズが混入した場合に、補足表示を行う機能を付加しました。 ただし、水圧変動記録を用いた自動補足は低波浪時には信頼性が低くなるため、有義波高推定値が0.5m未満の場合には行なっていません。また、水圧変動記録にノイズが含まれているような場合は、欠測表示となります。 本ホームページによる波浪情報表示はリアルタイム性を重視したものであるため、表示する波浪情報はシステムによって自動出力されたものであり、責任技術者が確認を行なう前の情報です。このため、異常値を完全に取り除くことはできません。ご利用の際はご注意ください。

GPS波浪計の毎分沖平均水面高・偏差について

免責事項

使用者が当ホームページの情報を用いて行う行為については、一切責任を負いませんので御了承下さい。

著作権について

著作権上認められた行為を除き、国土交通省港湾局に無断で転載等を行うことはできません。

リンクについて

お問い合わせ

当ホームページに関するご意見・ご感想がございましたら、国土交通省 港湾局 技術企画課 技術監理室 までお願いいたします。

用語の説明

波高、周期、ゼロアップクロス法

超音波波高計や海象計(後述)で波高の観測を行うと、下図のような波形が得られる。
これは、水面上のある一点の高さの時間変化である。
平均値を0として、波形が負から正へ横切るときから、次に同じ状態になるまでを1つの波として扱う方法をゼロアップクロス法と言う。 この波の高さを波高、横の幅(ひとつの波の時間)を周期という。 波高、周期、ゼロアップクロス法

波のエネルギー

波の持つエネルギー。波高の2乗に比例する。

周期帯波高

波のスペクトルを周期帯毎に分割し、それぞれについて対応する波高を求める。例えば、周期が8秒以下を風波、周期が8秒から30秒の間をうねり、周期30秒以上を長周期波と定義し、それぞれについて波高を求めておくことで、船舶や構造物に及ぼす影響を分析することができる。

毎分沖平均水面・平均水圧(超音波波高計・海象計)

沖合の波浪観測で得られる波形記録は、瞬時瞬時の水面高の変動を示している。この観測波形記録を1分毎に平均したものを、ナウファスでは毎分沖平均水面として定義している。瞬時瞬時の水面高は、観測地点の水深や観測機器の種類により任意に設定されているため、絶対値を地点毎に比較することには意味がない。しかし、その変動成分は沖合波浪観測地点の潮位変化を示している。すなわち、潮汐変動や高潮、津波などを捉えていることになる。同様に、海底に設置された水圧変動測定センサーから得られる波形記録を、1分毎に平均したものを毎分沖平均水圧と定義している。潮汐変動や高潮、津波などのような長周期変動は、理論的には、表面における変動が100%海底に伝播される。このため、沖平均水面変動の大きさと平均水圧変動の大きさは、一致するべきものである。ナウファスホームページでは、両者の変動波形記録を並べて表示することによって、ユーザ自らが、潮汐変動や高潮、津波などの観測結果の妥当性を判断する材料を提供している。

有義波

ある期間で得られた波形を個々の波高に分解し、大きい順に並びかえ、上位1/3について平均した値を有義波高という。その手法から1/3最大波高ともいう。目視の波浪観測結果とよく一致することで知られている。

波向

波が向かってくる方向(波の進む方向ではない)を示す。波向が北の場合、北から南に波は向かっていることになる。

方向の定義

波向は一般に16方位で表す。方位のアルファベットの頭文字を用いて、北をN、南をS、東をE、西をWで表すことが多く、NNEは北北東である。

スペクトル解析

波浪のスペクトルとは、周波数(および波向)ごとの波のエネルギー分布のことである。 スペクトルから波浪諸元(有義波高、周期、波向)は理論的に算定可能である。

毎偶数時観測と連続観測

毎偶数時観測とは、偶数正時の前後10分ずつの20分間を単位として、ゼロアップクロス法により波高を計算することを意味する。このため、毎偶数時観測では2時間毎に有義波高が観測され表示される。これまでの波浪観測は毎偶数時観測が基本であったが、近年になってナウファスでは20分間の観測を連続して行う「連続観測」が導入され始めている。「連続観測」の導入は、より最新の波浪観測情報を切れ目なく提供することであり、ナウファスの沿岸防災へのより一層の貢献をめざした取り組みである。

超音波波高計

海底から垂直に超音波を発射し、水面で反射し戻ってくる時間を計測し、海面の変動を捉える観測装置。波浪、潮位の計測機器として全国の沿岸で多く用いられている。

海象計

海象計は、海中超音波のドップラー効果を応用した波浪計である。海底から多方向に超音波を発射し水粒子の運動を観測、解析することで、波浪諸元(波高、周期、波向)、周波数および方向スペクトルや沖潮位を同時に解析できる、我が国が世界に誇る最新鋭の波浪観測装置である。